“業績”の書き方

昨日、アピールできる“業績”がない場合の
実績の書き方として、エピソードを書くという
手法をご紹介しました。

それに続いて、“業績”自体を
どう書くという手法をご紹介します。


“実績”を書くとなると、
やはり1位/2位/3位といった実績に限られます。

※もちろん15位/167名など母数が大きければ
 別ですが、基本的には1位/2位/3位までが
 書ける実績になります。



しかし、当然のことですが、
1位/2位/3位といえば3人しかいません。




では、どうやって書いたらいいのか。

経歴を振りかえってぱっと書けそうな
実績が思いつかない場合は、考える
スケールを変えてみてください。


比較するスケールとして、
よくあるのが“エリア”、“時間”、“組織”です。


 全国 ⇒ ブロック ⇒ 県 ⇒ エリア

 全社 ⇒ 事業部 ⇒ 部署 ⇒ チーム/同期

 年間 ⇒ 四半期 ⇒ クオーター ⇒ 月間 ⇒ キャンペーン


など。


そうやって、比較するスケールを変えることで、
書ける実績が作りやすくなります。

セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。