数字の実績が無い場合

先日、転職者の方から質問された、
「数字の実績がない場合の職務経歴書の書き方」について。


営業職の職務経歴書を書く際には、
やはり“実績”が必要です。

例えば、売上、予算達成率、社内順位など。
書くからには100%や1位などを書きたいところですが。
(これも書き方のテクニックがあります)
しかし、それが書けないこともありますよね。

そんな時にどうやってアピールするか?


ずばり、“エピソード”です。




例えばある飲食店でアルバイトしていた方の場合。
シフト制のアルバイトですので、数字でかける
売上などはありません。

では、この方の場合、どんな風に書いたのか?


「来店数がそんなに多い店舗ではありませんでしたので、
 お客さんへの挨拶をしっかりするように心がけていました。
 声だけではなく、ちゃんとお客さんの顔を見て、
 常連さんなどは顔も覚えることができました。
 おかげでお客さんにも顔を覚えていただき、
 「いつも元気だね」などと声をかけていただくことも
 たびたびありました。」


ただ単に、


「接客スキルを身につけました」


と書くよりグッとイメージが膨らみます。


営業の方であれば、ある契約をとったときのエピソード、
営業で必ず心がけていたことなどがいいかも知れません。

なるべく“具体的な行動”を書くことが、
数字ではない実績を書く場合のポイントです。

セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。