営業スタイル別の評価ポイント

ひとくくりに営業といっても、
多く分けると4つのパターンがあります。

ではそのパターンごとに職務経歴書の
“どこを評価されるのか”です。


  1: 法人営業職

   法人営業の特徴は“セールスステップ”が明確にあること。  
   顧客の課題を聞き出すヒアリング能力、契約までのストーリー
   を描くシュミレーション能力、仮説を基にした提案能力など
   数値に表れないセールステップの工夫を必ず記載してください。



  2: 個人営業職

  “新規開拓力/商談力”が最大のアピールポイントとなります。
   従って、それにまつわる部分を明記してください。
   数字はもちろんですが、アプローチから契約までの
   流れで工夫していた点も記載しておくとよいでしょう。


 
  3: 第二新卒

  職歴以上に“マインド(性格特性や行動特性)”が重視されます。
  つまり、自律心や成長意欲、積極性や明るさなどです。
  それらをアピールできるようなエピソードを思い出し、
  具体的に自己PRに盛り込んでください。



  4: 営業管理職

   選考の際には“部下への指導力”を厳しく問われます。
   つまり、売上をつくるためのポイントを把握できるか、
  それを部下に説明できるか、部下に実践させられるかの3点です。
      
   数字としての実績だけではなく、その実績があがった
   ロジックをしっかりとアピールしてください。


セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。