職務経歴の整理の仕方

営業職の職務経歴を分かりやすく書くためには?

次の5項目にそって整理すると、イメージしやすい職務経歴を
簡単につくることが出来ます。



  □ 担当商材 : 有形/無形
           カスタマイズの有無
           単価

  □ 担当顧客 : 個人/法人
            個人なら・・・年齢、性別、対象セグメント
            法人なら・・・大手/中小、経営者/担当者

  □ 営業手法 : 新規/ルート
            新規なら・・・飛び込み、テレアポ、反響
            ルートなら・・担当顧客数

  □ 営業実績 : 売上額、予算達成率、部署内順位など

  □ プロセス : 自分なりに心がけていた工夫など


 「何をだれにどうやって」売っていたのか?
 そして、その結果「どんな成果がなぜ」出たのか?
 
 この5要素を箇条書きでおさえることで、
 “経歴”をイメージしやすい職務経歴書となります。
 
 忘れてはならないのが「実績をあげるための工夫」。

 実績はあくまで過去のものです。
 じゃぁ「うちの会社でもう一度実績をあげられるのか?」

 その再現性を証明するのが「プロセス」になります。
 経験豊富な方や実績を上げてきた方ほど、
 プロセスの明確性を要求される場合が多くなります。

 今までの経験則だと外資系企業などは
 特にここをしっかりと聞いてくる場合が多いでしょうか?

セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。