分かりやすい書類を作る7つのチェックポイント

職務経歴書を作るとなると、「中身をどう書こう?」と
それに頭がいってしまいがち。
しかし、それと同じぐらい大切なのが見た目です。




調査によると

 「人事が転職者1人分の書類に目を通すのに
  使う時間は平均30秒〜3分程度」

しかし、この平均にもマジックが。

 「パッと目を通して終わるのが7割。
  ちゃんと3〜5分ぐらい見るのが3割。」

その平均が30秒〜3分程度。なのです。

つまり・・・見にくそうな書類だったら、
中身を見てすらもらえないのが現実です。



あなたの書類は大丈夫でしょうか?
まずは次のリストをチェックしてみてください。


  □ 履歴書を手書きで書いている


  □ A3やB4の履歴書・職務経歴書を使っている
 

  □ wordの標準設定から行数を増やしている


  □ wordの標準設定から余白を小さくしている


  □ ポイント数10.5pt以下の文字を使っている

  
  □ 書類はすべて同じポイント数で作っている


  □ 自己PRが7行以上に及んでいる
  

1つでも当てはまるものがあったら要注意です。
あなたの書類は“見にくい書類”になっているかも知れません。
すぐに修正することをおススメします。

また修正の際には次の3つのポイントも意識するとより効果的です。


  1: テーマごとに枠で囲う

      ⇒自己PRや職務経歴といった項目ごとに、
       周りを枠で囲うと全体像が分かりやすくなります。


  2: 箇条書きを使う

      ⇒自己PRや職歴詳細など長文になりやすい項目で
       箇条書きを使うと、すっきりと見やすくなります。


  3: 経歴のレベル毎にポイント数や行頭を揃える

      ⇒“本の目次”をイメージしてください。
       入社や退社、配属や異動、担当顧客や担当商材・実績など
       同じレベルごとに、ポイント数や行頭の位置をそろえると、
       ぐんと見やすくなります。


いかに見やすい職務経歴書をつくるか。
これだけで書類選考の突破率が10〜20%は変わってきます。

セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。