書類選考の通り方

 【書類選考で通る書類の作り方】


書類選考は転職において、
最初に越えなければならないハードルです。

このハードルを越えるには、ガムシャラに挑戦するよりも、
ほんの少しだけノウハウを使ってみると有効です。


■選考基準を考える

 企業は採用をする際には、最初に「して欲しい仕事」があります。
 例えば、この部署の営業職を増員する、この部署で欠員が出たなど。
 従って、書類の選考基準は、「その仕事を出来そうか?」です。

 伝えないといけないのは、「私はこの仕事をできます。
 できるだけじゃなく、活躍します。」というメッセージです。
 ガムシャラに「私はデキルんです!!」とアピールしても
 選考担当者の心には響きません。
 

■形式を整える

 書類選考でまず見られるのは、
 書いてあることではなく、書き方です。

 分かりやすい書類を作れる人は、説明力がありそうです。
 要点だけ簡潔にまとめられる人は、整理力がありそうです。
 「見やすさ」はそんな基礎能力の評価に直結します。

 書類選考を突破するためには、
 思っている以上に「見やすい書類を作ること」が重要なのです。
 

■中身で興味を惹く

 書類に信憑性をもたせるのは、数字とエピソードです。
 
 営業職に限らず成果を証明するのに必要なのは数字です。
 売上・利益・順位・改善率といった数字。
 そしてなぜその数字になったかというプロセス。
 その2つがあなたの能力に信憑性を持たせます。

 マインドを証明するのはエピソード。
 「こんなことをした」「こんなメッセージをもらった」
 具体的なエピソードがあなたの人物像・性格を想像させます。

 数字とエピソード。
 この2つの書き漏れにはご注意下さい。



これだけ意識するだけでも随分変わります。

余白は何mmがいいのか?フォントサイズは?
もう少し細かいノウハウはまた後日。

セミナー予約



posted by 職務経歴書 at | 職経歴書作成ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。